美しい地球を子供たちに

スクラップ、再生樹脂ペレット、リサイクル機械についての課題を解決するプロフェッショナルです

2024環境展・地球温暖化防止展 5/22~24 東京ビッグサイトに出展します

再生樹脂ペレット 価格情報 2023/11/10

2023年11月10日現在のプライム、リサイクル、スクラッププラスチックの市場更新情報です。


※プライムバージン価格は、中国の主要なバージンポリマーサイトのVATを含む人民元建て価格
為替レートは1米ドル=7.2855中国元です。

ニューヨーク原油は1バレル=77.17ドルで取引を終え、アジア時間から2ドル反発しました。
しかし、イスラエル・ハマス戦争による供給不足への懸念が薄れ、経済状況に焦点が戻る中、3週連続のマイナスを記録しました。

中国ではプライムプラスチックの価格は原料の価値、市場心理、世界の供給量に影響されます。中国だけでなく、南アジア、米国、欧州でもほとんどの樹脂が弱含みとなっています。消費低迷により製品の生産が減っているため、ポリオレフィンの価格は1トンあたり900 ドルを下回っています。
市場は過剰在庫、差し迫った西側諸国のクリスマスシーズン、そして2月初旬の旧正月による圧力に直面している。ポリマーが売れていないため、市場参加者は買い控えています。実際、市場では多くのオフグレードが入手可能であり、価格についてはさらなる議論の対象となっています。

PE、PE、ABS、PS、需要の高いエンジニアリングプラスチックなどのリサイクル材料は、特にポリオレフィンに関しては広く入手可能です。クリスマスと新年が近づく中、多くの工場が流動性とスペースを確保するための材料を販売しています。

中国は輸出入ともに縮小しているにもかかわらず、インドとトルコではプライム価格の低さと経済状況の低迷によりリサイクル材料の供給が遅れています。米国や欧州では、PETフレークやペレットなどの持続可能性プログラムに基づくリサイクルペレットでは、これらのペレットやフレークの一部がアジア、特に中国から輸入されているという現象が見られます。欧州と米国のリサイクル工場の競争力に懸念が生じ、閉鎖につながる可能性があります。貨物輸送のコストパフォーマンスが非常に高いため、ペットボトルなどのプラスチック廃棄物をアジアの工場に輸出してリサイクルし、輸出国に返送することが現実的な選択肢となっています。近年、先進国のリサイクル工場の多くは、生産コストの高さにより財務的損失を被り、競争力が低下しています。

アジアでは、リサイクル材料がコストをカバーできないため、プラスチック廃棄物とスクラップの発生はさらに減速しています。PE PP再生材などの加工されたスクラップは、収集および処理コストが 1トンあたり600ユーロを超える場合でも、1トンあたり約300ユーロで米国およびヨーロッパから提供されています。

現在、中国国内需要の低迷により、アジア向けにトン当たり300ユーロの水準で販売されています。アジアは世界で最も多くのリサイクル工場と再生プラスチックの最大の消費量を誇っていますが、処理できる能力は限られています。
ほとんどの廃棄物やスクラップは、バーゼル条約により輸出が制限されているか、プライム価格の低下により処理するには高価すぎるため、多くの工場が生き残りをかけて苦闘しています。先進国はリサイクルの容易な処理で競争力を維持していますが、より複雑なスクラップや廃棄物の場合は埋め立てまたは焼却の方がコストパフォーマンスが高い場合が多いです。

最近では、品質に応じて1トンあたり200ドルから400ドルのコストで、カーブサイドやデポジット返却システムから米国から輸入されるペットボトルが増えています。これらはリサイクルされ、製品生産者の持続可能性プログラムのために R PETとして輸出されます。持続可能性プログラムのないプラスチック廃棄物は、リサイクルする価値があるとは考えられていない可能性があります。

Dr.Steveの顔写真

香港FUKUTOMI社のCEO
中国リサイクル協会のExective President
香港の大手プラスチックトレーディング会社を長年経営。
最盛期は月間1,500コンテナを取り扱い、世界中の廃プラスチックをリサイクルしてきた。
1年の半分以上を世界各国を飛び回り、プラスチックリサイクルマーケットを観察している。フルマラソンを走るマラソンランナー。

再生樹脂ペレットの最新情報をメールで受け取れます
メルマガ詳細
タイトルとURLをコピーしました