樹脂ペレット 価格情報 2022/4/30

2022/4/30のバージン、リサイクル、スクラップ・プラスチックのマーケット情報

※プライムバージン価格は中国の主要なバージンポリマーウェブサイトによるもので、単位は
人民元建て、為替レートは1米ドル=中国元で6.6085

ニューヨーク原油価格は104.69ドルで推移。5ヶ月連続の上昇。EUがロシアに対して石油禁輸措置を取る可能性があることが上昇材料。
中国のゼロコロナ政策にもかかわらず、需要懸念を呼び起こしました。

バージン材は、中国市場でのコロナウイルスの感染拡大により大きな影響を受けています。
樹脂の価格は中国全土でロックダウンが続いているため、上海、北京、広州の主要な製造・輸送拠点でロックダウンが続いているため、ほとんどの樹脂価格は需要低下で下落しています。
上海、北京、広東、吉林の主要な製造・輸送拠点が閉鎖されたため、ほとんどの樹脂の価格が下落しました。
ゼロコロナ政策により上海が麻痺し、北京を含む他の都市も崖っぷちに立たされている状況です。
このサプライチェーンの混乱は、商品市場、株式市場、為替市場に波紋を投げかけています。

商品市場、株式市場、為替市場に波紋を広げ、成長率の鈍化と市場の弱気を招いています。
1週間前に1米ドル=6.37元だったのが、1米ドル=6.6元と4%近く下落しました。

南東部、欧州、米国のポリオレフィン、PET、PVC市場は数ヶ月に渡る価格高騰の後、弱含み。最新の大連先物は、PPとPEが40ドル安で取引されました。
PPとPEは40ドル安となり、中国勢の暗い経済見通しを反映したものとなりました。
エンジニアリンググレードは需要が低迷しているため、低調に推移しています。

市場参加者はプレーヤー原油価格、為替、パンデミック、地政学的環境の変動に対して慎重かつ悲観的な見方をしています。

リサイクルペレットは、プライムレジン市場の需要低迷の影響を受けません。
2017年に中国政府が廃棄物の輸入を厳しく制限する政策を開始して以来、スクラップのプラスチック輸出は、米国、欧州、日本からは著しく減少しています。

バーゼル条約改正により、プラスチック廃棄物はさらに制限されました。OECD諸国から発展途上国への輸出となりました。
最近、一部の大手船会社がプラスチック廃棄物の出荷を禁止することを発表しています。

このためプラスチック廃棄物は、今やリサイクル業界にとって非常に希少な原料となっています。
欧米の国内では供給量が限られており、今後も短期的に減少することが予想されます。
米国や欧州の国内では供給が限られており、短期的にはこの状態が続くと予想されています。リサイクル材は、自主的および義務的なリサイクル材を満たすには十分ではありません。
リサイクル材の自主的・義務的な要求事項を満たすには、十分な量のリサイクル材がありません。
回収システムによってリサイクル品の供給を増やすという当面の解決策が必要です。

以下は、米国における消費後廃棄物の回収量の減少を明らかにした最新の報告書です。

このデータによると米国における総回収量は、2020年は2019年比で5.7%減少しています。
不足分はおそらく回収数の減少によるものです。
パンデミックのロックダウンもありますが、回収量の総量は2017 年から減少し始めています。減少の原因は、プラスチック輸入禁止令と中国や東南アジア諸国への輸出制限などです。
アメリカン社の材料回収施設を通じた消費者使用後のプラスチック廃棄物回収(MRF)によるプラスチック廃棄物回収が半分を占めています。プラスチック廃棄物の総量は約100億個と推定されています。
プラスチック廃棄物の総量は約100億ポンド(約4.5百万トン)と推定されています。
プラスチック廃棄物の海外輸出は2019年には12%だったのに対し2020年には8%。量的には少ない傾向であり輸出先はカナダ、メキシコ、ヨーロッパがほとんどです。
結局、アジアのリサイクル業者は総輸出量のごく一部をシェアするに過ぎないでしょう。

アジアでは廃プラスチックの入手がさらに難しくなっています。
これは輸出用の回収・選別量が少ないためです。
米国からの輸出のための回収・選別量の減少、世界的な物流・輸送上の課題、規制、パンデミックの状況などにより、廃プラスチックの入手はさらに難化しています。
常に多くのトレーダーが取引を求めていて、Emailなどで、いつも同じ写真で同じオファーが届くのげ現状です。

バージン原料価格はピークから下がる可能性もあり、これ以上スクラップが輸出に回されることはないでしょう。

Dr.Steve

タイトルとURLをコピーしました