会社概要

HOME» 会社概要 »FEN会社概要

会社概要

FEN会社概要

 

会社名 株式会社ファー・イースト・ネットワーク
代表取締役 村井健児
所在地 〒160-0004 東京都新宿区四谷4-31 四谷TSビル6階
電話 03-5919-4380
事業開始日 平成16年4月 ファー・イースト・ネットワークとして個人創業
  平成17年4月 株式会社ファー・イースト・ネットワーク設立
資本金 6300万円
従業員数 4名
事業内容 ① ラミフィルムのリサイクル事業
  ②再生PP・HDPE・LDPE原料の販売事業
  ③ ECO PLAS事業
  ④ プラスチックスクラップ買取事業
  ⑤プラスチックリサイクル機販売事業

 

代表者経歴

 

平成4年3月 慶応義塾大学 経済学部卒業
平成4年4月 株式会社三菱銀行(現 三菱UFJ銀行)入行
  高田馬場支店(中小企業融資業務)
  本店 融資第一部(中小企業融資審査業務)
  五反田支店(上場企業融資担当)
平成11年4月 同行退社
平成11年5月 株式会社宣伝会議入社
  環境ビジネス関連の雑誌創刊の準備に携わる。
  月刊誌「環境機器《、月刊誌「環境会議《月刊誌「環境ビジネス《の企画、編集に携わる。
平成14年4月 同社退社
平成14年~16年 プラスチックリサイクル事業に従事
平成16年4月 ファー・イースト・ネットワークとして個人創業。
平成17年4月 株式会社ファー・イースト・ネットワーク設立
平成17年7月 横浜倉庫開設
平成17年8月 新宿事務所開設
平成23年11月 事業所を現在の住所に移転

 

 

代表者挨拶に替えて

 

~創業の想い~

大学卒業後、都市銀行に入行して主に法人融資業務を経験しました。融資担当者として多くの経営者に出会うなかで、「将来は自分も起業したい」という想いを抱くようになりました。そして、どうせ同じ時間を仕事に使うなら、自分が働く時間は地球環境の改善のために働きたいと考えるに至りました。

しかしながら、大学時代は体育会でラグビーに明け暮れており、大学の勉強はおろか、地球環境の知識は皆無でした。当時、創刊されたばかりの環境ビジネス誌のコピー「企業のごみをゼロにする」に深く感銘を覚え、雑誌を発行していた出版社に押しかけて採用していだきました。年収は半分ほどに減りましたが、環境ビジネスに関する多くの情報に広く接する機会を得ることができました。銀行で融資担当をしていた経験を活かして、将来性がある環境ビジネスの発掘を心掛けました。

出版社に入社してから3年ほど経ったころに、廃プラスチックのリサイクルビジネスと出会い、その可能性を感じました。企業の工場から発生する廃プラをゴミでなく資源に変え、「地球環境に真の意味で貢献できる」ビジネスだと思うことができました。出版社から廃プラビジネスに飛び込み、海外に廃プラを輸出する業務経験を2年間の間で積み上げて独立しました。

独立はなかなか厳しい船出でしたが、事業が軌道に乗るにつれて「他社が行っていないリサイクル」を事業とすることが、真の環境改善に繋がるという想いが出てきました。その中で、当時はラミネートフィルムはまったくリサイクルできず、焼却や埋め立てされておりました。このラミネートフィルムのリサイクルのプロジェクトを立ち上げ、今では弊社の柱となる事業の一つにすることができました。同時に、環境の改善にもほんのわずかながら貢献ができていると思います。

今後も、創業当初の「地球環境に貢献する」ということを忘れず、「美しい地球を子供たちに」という想いを忘れることなく努力を継続していきたいと思います。

 

 

FEN経営理念

株式会社ファー・イースト・ネットワーク経営理念


一、地球環境への真の意味での貢献と改善

一、環境事業を通じた、他社にはできない顧客への貢献

一、全従業員と家族のための物心両面の幸福を追求し、自立した人生の場を提供する。

 

1)「地球環境への真の意味での貢献と改善」とは

選択する事業は全て、地球環境に直接的に、ダイレクトに貢献または改善す  るものを選択する。より大きな貢献と改善ができるようにビジネスを通じて「今できることから」最善を尽くす。
プラスチックリサイクルを通じて貢献し、解決が難しいアイテムに取り組む。ただし、難アイテムに偏り過ぎることなく、開発に充当する利益は確実に確保する。省エネ機器、環境機器など他の環境事業でも効果が間違いないものには取り組む。


2)「環境事業を通じた、他社にはできない顧客への貢献」とは

顧客が解決できない問題を解決して貢献することを目指す。他社が既に行っている事業ではなく、まだ誰にもできていない環境事業を通じて顧客に貢献することを目指さなければならない。
プラスチックリサイクルのなかでも、他社ができない事業の事業化を常にチャレンジする。
(ラミフィルム、アルミ箔、牛乳パックLDPEリサイクル、紙のラミネート、コンタミの多いスクラップ、PVDC、WEEE、他)
 

3)「従業員とその家族のための物心両面の幸福を追求し、自立した人生の場を提供する」とは

 会社は携わる従業員のためにあるという認識のもと、環境貢献という事業を通じ、社員が自立し、人間として成長する場と顧客および社会に貢献する場を提供する。その結果として、社員および家族の物心両面の幸福に貢献することを目指すものである。従業員には取引先の従業員も含めて考える。従業員、お取引先、その家族の幸せに貢献できる経営者になれるよう学習する。
 

FEN事業概要

1)ラミフィルムのリサイクル事業


グラビヤ印刷工場から排出される食品用のラミフィルムスクラップを引き取り、そのフィルムを委託加工し、ペレットを販売をしています。PP系フィルムスクラップなどを委託加工し、PPペレットを販売しています。現在は、ラミフィルムから製造したペレットはコスト削減のための増量剤としての利用が多いのですが、建設業向けシート、自動車向け(防音シート)、ハードディスク運搬用の緩衝シートにも用途を開拓しました。
 

2)再生PP・HDPE・LDPE原料の販売事業


グラビヤ印刷工場から発生した単体のPPフィルムを加工したペレット(JPP)を活用してパレットや雨水貯留層向けの再生PP原料を販売開始しています。1次加工の素通しペレットだけでなく、2次加工を施して改質したペレット販売をしています。エンドユーザーは、大手が主体で、2次加工を行うパートナーにも恵まれました。

 

3)ECO PLAS事業


2010年秋に香港の肇英実業と株式を持ち合いし、ECO PLASプロジェクトに参画しました。構想は5年ほど前からあったもので大手複写機メーカーへの原料採用を機に本格化しました。FENはスクラップの調達部門として調達を行うと同時に、ECO PLASで展開を検討しているリサイクル原料を使用した物流資材の市場開拓を行っていまっす。今後も数量の増加が見込まれています。

 

4)プラスチックスクラップ買取事業


ラミフィルムなど処理困難なスクラップを引き取るなかで、排出先から純粋なプラスチックスクラップを供給されることも出てきています。その場合には、スクラップの状態、形状、品質を見たうえで、取り扱い可能な再生加工業者(輸出業者も含む)と連携して引き取りを実施しています。経営理念に照らすと、「他社もできる」事業になりますが、積極的な営業は展開はせず、排出先からの申し出や紹介案件などがあれば取り組みを行っています。

 

5)プラスチック再生機販売事業


2016年から台湾のプラスチック再生機メーカーであるPOLYSTAR社の日本総代理店としてプラスチックリサイクル用の押出機をメインに販売しています。
POLYSTAR社は 業歴30年以上、販売台数1000台を超える台湾の機械メーカーとして最も伸びている機械メーカーです。 様々な樹脂に対応したリサイクル機を揃えており、フィルム用リサイクル機フィルム用リサイクル機(超小型タイプ)硬質プラスチックを主にペレット加工できる汎用タイプ、ダンゴや不織布などを前処理なしでペレット加工できる粉砕機一体型のプラスチックリサイクル機などをラインアップ。 他には破砕機、粉砕機、発砲スチロールの溶融機、洗浄ライン、脱水機など様々な機械を ご案内しております。

2019/02/22