POLYSTAR押出機Repro Directパンフレット解説

POLYSTAR Repro-Direct@パンフレット解説

※解説動画はページ一番下にスクロールするとございます

POLYSTARが供給をしている押出機のなかで一番汎用性が高い、あるいは一番一般的なタイプの形の押出機であるRepro-Directについてパンフレットの解説をします。
このページをお読みいただければ、機械の営業マンが訪問しなくてもRepro-Directの機械の内容がほとんど理解できるようになります。

Repro-Directの概要・性能ついてはこちらを御覧ください。
→ 粉砕機内蔵型押出機 Repro-Direct

汎用性が高い押出機なので一番最初の1台として、あるいは硬質プラスチックの粉砕品を加工する場合に非常に大きな効果を発揮する押出機になります。

粉砕品これを投入し、スクリューコンベアでホッパーまで運びます。

ホッパーから押出機のスクリューにさらにフィードされてペレットが製造されるという一番汎用タイプのものになります。

粉砕専用となります。 粉砕であればですねPE 、PP、 ABS 、PSだろうが、例えばポリカーボネードであろうが大概の樹脂汎用樹脂であれば問題なくペレタイズすることができます。

ホッパー

粉砕の材料をホッパーに投入するだけです。
スクリューコンベアから一番上のこのホッパーに運ばれた粉砕材料がホッパー内の押し込み機によってこのスクリューに押し込まれてペレタイズされます。一番シンプルな構造です。

ポッパーにはセンサーが付いており、いっぱいになりますと供給するスクリューコンベアが止まります。要は自動制御ということになります。

基本的には硬質プラスチックの加工に有効ですが、軟質プラスチック(粉砕品)も可能です。ただし比重が軽い場合、生産量が落ちる場合もありますので、ご了承ください。
※軟質フィルムのみを加工する場合は、別機種Repro-Flexをお勧めしています

軟質フィルムを押し込んでいる押し込み装置ですね。ここの下がスクリューになっておりましてその比重の軽い軟質フィルを押し込むということをして生産量を上げようとしています。

ベント

ベントは2ベントが標準仕様となっています。当然1ベントこれもお選びいただくことも可能です。

ガス抜きですが、このガスがペレットの加工に当たって非常に悪さをします。なのでガスは極力全部抜きたいということになります。

このガスを抜く場合、通常の押出機ですとベントの穴、つまりスクリューのシリンダーの中に開けた穴が一つの場合がほとんどです。POLYSTARの場合は再生加工専用ということで、ガスがより発生する可能性が高いので、ベントを1つでなく2つに増やして対応しています。

真空ポンプ

真空ポンプはベントに接続しているガス抜きを強化する装置です。真空ポンプは標準装備ということになります。真空ポンプによって強制的にガスを排出し、より強力にガスを抜くことが可能になります。ペレットの品質向上につながります。

 

スクリーンチェンジャー

スクリーンスクリーンチェンジャーこれはですねデュアルピストン方式を標準装備しております。デュアルピストン方式は、ダンゴの発生量が非常に少ない、ロスの少ないスクリーンテェンジャーです。また、片方の網を交換している間も、生産ができますので、連続生産が可能です。
ストランドタイプを選んだ場合、ストランドを切ることなく網交換ができるということがメリットになります。
網交換の様子の動画がありますのでご覧ください。

筒状のシリンダーに網が巻いてあったのがわかりましたでしょうか。その網で樹脂の中の異物をろ過します。
昔はこの網が一箇所しかなかったので、異物が詰まって網を交換するときは、押出機を止めて網を交換しなくてはなりませんでした。しかし、その時のロスというのが大きいわけです。一方、このデュアルピストンタイプは、一方の網が詰まっても実はもう一方逆の方から樹脂を通して連続的に生産ができるのです。したがって、樹脂のロスが非常に少なくて済むシステムになっています。

網交換のためにシリンダーが片方が出てきていますが、別のシリンダーがそのまま樹脂をろ過し続けます。その間に一方の網のフィルターを交換してもう一度元の位置に収まります。

ペレタイズ方式

ペレタイズ方式これはホットカット方式を標準装備しています。

ストランド方式も値段変わることなくお選び頂く事は可能です。

ホットカットシステムについて動画をご覧ください。

動画

このホットカット方式がポリスターの特徴的なペレタイズシステムになっています。シリンダーの端のダイスから溶けた樹脂が出てきます。このダイス上で高速で回転刃がまわってカッティングをしてペレタイズします。

カッティングは非常に精密な作業になりますので、トラブルが起きることが多い部分になります。そのトラブルを減少させるためにPOLYSTARでは2つのシステムを取り入れているのが特徴です。

回転数自動制御システム

ひとつ目が、回転数の自動制御システムです。この回転数をどのように制御するかというと、ペレットの大きさが均質になるように制御します。

 

シリンダーの中の樹脂の圧力が高まった時 → 回転刃 高速回転

シリンダーの中の樹脂の圧力が低くなった時 → 回転刃 低速回転

 

上記がペレットの形状をなるべく均一に保つという自動制御になります。

より均質なペレットを生産することができ、安定生産を実現する回転数を自動制御システムというのがまず一つ目です。

エアシリンダーによる圧力調整

2つ目の特徴は、ホットカットの回転刃をダイスにどのような圧力で押し付けるかの調整次第で、トラブルが多く起こったり少なく起こったりします。

実は今までのシステムですと作業者によって大きな差が出てしまうわけです。

POLYSTARはこの作業者による差をなくすためにエアーシリンダーによって、常に均一の圧力で刃がダイスに接着するようにしました。

このシステムにより、熟練していない作業者がやっても、均一な形で最適な圧力でペレタイザーの刃の圧力を調整することができます。したがってトラブルが非常に減るということが2つ目の大きな差となります。

ホットカットかストランドか

ホットカット方式というのがPOLYSTARの標準装備となっています。
一方、ストランド方式も選択ができますが、ホットカット方式がですね標準になっている理由は、非常に少量化に優れた方式ということが理由になります。
ストランド方式は、一番最初にストランドを手でひいていかなければなりません。
そしてストランドをきれいに整える手間が、実は作業者の負担になっているわけです。

ホットカット方式の場合はそういった負担がなく、省力化になります。

今度は図面でおさらいをしてみたいと思います。

まとめ Repro-Direct 標準使用 図面解説

Repro-Directの概要・性能ついてはこちらを御覧ください。
→ 粉砕機内蔵型押出機 Repro-Direct

ホッパー

このホッパーに上にフレコンを吊るしたり、あるいはその他の方法で原料投入をして自動制御されたスクリューコンベアがホッパーに材料を運びます。ホッパー内にセンサーがあるのでこれがいっぱいになるとスクリューコンベアの供給が止まります。

ホッパー2 押し込み装置付き
ホッパー内に押し込み措置がついています。押し込み装置が付いているので比重の軽いものでも押し込んでいけるということですから硬質プラスチックが主にはなるんですが軟質プラスチックであってもですね比重かさ比重によってはこの押し込み装置があれば生産できる場合があります。

2ベントと真空ポンプ

それからこちら押出機の中に材料が供給されていきますとガスが発生する場合この2つのベントによってガスを脱ガスします。そしてこの真空ポンプでさらに強制的に脱ガスをして品質の高いペレットに仕上げていきます。

操作盤

操作盤はPLC のタッチパネルが標準になっております。こちらのPLCのタッチパネルシステムを選んで頂けますと、何かトラブルがあった時、PLCのシステムをインターネットに繋げていただければPOLYSTARの本社と直接繋がり機械の内部をモニターすることでトラブルの原因を早期発見することができます。トラブルの早期解決のためにPOLYSTARもサポートする体制をとっています。

押出機、ベント、真空ポンプ

押出機の本体の標準仕様は1段式です。当然ここから2段式というのも選択できます。

ガスが多く発生するような材料の場合、2ベントとダメ真空ポンプを使ってもまだ発泡する場合があります。その場合は2段式にするという選択肢もございます。

スクリーンフィルター

樹脂の中には必ず異物があるとき、異物を取り除く必要があります。

そのためのスクリーンフィルターが2本ついているデュアルピストンタイプというのがPOLYSTARの標準タイプになっています。

ひとつのフィルターの網が詰まってももう一方でずっとろ過を継続しているので生産を止めずに済む、ロスが非常に少なくて済むというシステムになっています。

通常のスライドタイプを選択することも可能になります。

ストランドカット

図面はストランドタイプの図面になっております。(※POLYSTAR標準はホットカットです)シリンダーの端のダイスからストランド(溶けた樹脂)が出てきて冷却水槽で冷やします。

この水槽で冷やしましたらこの水切りブロアが水を切ります。上から吹くブロアと下から吸うブロアに分かれています。

ペレタイザー

冷却水槽の中から出てきたストランドの水をきってそれから空中をはわせてきましてペレタイザーでカッティングをするということになります。

この図面では脱水機がありますが、ストランドの場合には脱水機はつかないことが多いです。

この脱水機の代わりに振動ふるい機がついてペレットの形状を均質にするためふるいで分級することになります。(※この図面にはありません)

サイロタンク

できたペレットはサイロタンクにブロアで運ばれます。サイロタンクは自動計量自動充填システム(※標準でなくオプション)をお選び頂ければ材料の計量ですとか充填も省力化することができます。

POLYSTARのRepro-Directは、非常に汎用性の高い押出機になっております。

まず最初の一台、あるいは様々な材料を加工する予定がある、こういう場合には貴社の事業のお役に立つ一番適した機械となります。

Repro-Directの概要・性能ついてはこちらを御覧ください。
→ 粉砕機内蔵型押出機 Repro-Direct


    価格表・カタログダウンロード / お問い合わせ

    カタログをご希望の方、お問い合わせをご希望の方は、以下のフォームに入力をしていただき、送信ボタンをお願いします。
    自動でカタログと価格表のPDFがダウンロード(無料)できるリンクアドレスをメールにて送信します。
    ※資料のみ希望を選択した場合当社から電話連絡はいたしませんのでご安心ください

    お問い合わせの方はフォームにご入力をいただき、メッセージ欄に不明点、疑問点、ご要望を自由にご記入ください。

    電話でのお問い合わせは、03-5919-4380までお願いします。

    中古パレット買取 発泡スチロール インゴット買取 ストレッチフィルム リサイクル
    小型粉砕機 樹脂ダンゴ用 粉砕機 価格 発泡スチロール減容機
    押出機の選び方
    洗浄ライン プラスチックリサイクル
    脱水機 マスターバッチ カーボン40%
    委託加工 再生ペレット 洗浄粉砕 委託加工
    ストレッチフィルム 販売 プラスチックパレット 販売 環境に優しいゴミ袋
    GREENMAX 発泡スチロール減容機
    タイトルとURLをコピーしました