台湾しゃぶしゃぶ

台湾に出張に来ております。 到着した夜は、台湾しゃぶしゃぶに連れてきてもら

いました。 台湾は日本の食文化に似たところが数多くあり、日本統治時代を思わせます。

例えば、「お弁当」という言葉も残ってます。 日本では鉄板焼きはわりと高級なイメージですが、 台湾の町にはカジュアルな鉄板焼き屋が結構あるのです。

さて、それで今回は台湾式しゃぶしゃぶです。 日本と違う点ですが、 野菜の種類がだいぶ違う キャベツなどはかなり大きく切ってあるだけで、豪快です。

お客様が話をしてくれた野菜の名前に関するエピソードですが、この中に一種類「大陸妹」とう名前の野菜があるそうです。意味は「中国の安い女」という意味だそうで、なんだか、失礼な話だなと思ってしまいました。「安くてそんなに美味しくない」そうです、、、汗

肉の質は、それほど良くはないのですが、海鮮ものが充実してて、あわび、ほたて、海老など、かなりのボリュームの海鮮を一緒に食べることが多いようです。

タレはビュッフェ形式で自分で作りにいく鍋が一人づつ仕切られて別れている ちよっと違う形で引き継がれている日本の食文化の名残を体験出来て 楽しかったです。 

コメント

タイトルとURLをコピーしました