単層インフレーションフィルム成形機に自由落下式供給装置を使用する3つの利点

最近、単層フィルムメーカーがインフレーション成形機のラインに自由落下式定量供給装置を追加し、コストダウンで競合他社より優位に立つケースが増えています。

自由落下式供給混合装置(またはバッチブレンダー)は、インフレーション成形機の供給装置に追加できるオプション装置です。ホッパーの形状をしており、異なる原料を混合し、重量を測定することができます。

この装置は単層押出の場合に非常に有効です。このブログでは、単層フィルムの生産者がインフレーション成形機にこの装置を追加することで、どのようなメリットが得られるかを説明します。

フィルム製造業者が自由落下式供給装置を使用するメリットとは?

マスターバッチの節約

自由落下式供給装置を追加することで、生産で使用されるマスターバッチの量を減らすことができます。マスターバッチは高コストであるため、この装置に投資することは非常に有益です。効率の悪いブレンダーを使ったり、ブレンダーを使わなかったりすると、通常のマスターバッチの使用量では均一な着色ができません。そのためマスターバッチの量を増やす必要が出てきます。

この装置の混合スクリューは特殊なデザインをしています。重量のあるマスターバッチをペレットと均一に混合させ、ミキサーの底に留まるのを防ぎます。そうすることで、マスターバッチを余分に使用するのを避けることができるのです。

インフレーション成形機に設置された自由落下式供給装置

フィルム製造業者は、POLYSTARのインフレーション成形機に自由落下式供給装置を追加することで、利益を増やすことができます。

質の高い混合

プラスチックフィルム製造においては多くの場合、フィルムの厚さなどの値を要求される範囲内に収める必要があります。混合が不十分だとペレットが押出機に入る速度が一定にならず、フィルムが不均一になります。そうなると十分なフィルムの厚さを確保するため、マージンをとって厚めにフィルムを作らなければならなくなるので原料が多く必要になってしまいます。

押出機と自由落下式供給装置を併用すれば、メーカーは一定の厚みを持つフィルムを生産することができます。要求される範囲の下限を目指して生産すれば良いため、材料費を削減しながら、規格に適合する製品を生産することができます。

自由落下式供給装置を使えば、材料が押出機により均一に入るようになります。単層押出の場合、生産に必要な材料を最大30%削減でき、さらにフィルムに強度を持たせることができます。

押出機に取り付けられた自由落下式供給装置

TSM社のOptimix 150は、POLYSTAR社のインフレーション成形機「単層高吐出タイプ」に搭載するのがおすすめです。

正確な比率で材料を混合できる

この装置は電子システムで制御されており、混合したい各材料の正確なパーセンテージを入力することができます。これにより、要求される仕様に合った正確な割合の色、添加剤、材料を混合することができます。材料の添加率などの正確さの基準が厳しい国では、この装置を使用することで、精密な割合で混合された製品を製造することができます。

質の高い押出機があってこそ、自由落下式供給装置は役に立つ

自由落下式供給装置は、生産量を増やそうとする生産者にとって有用ですが、高品質のプラスチックフィルムを生産するためには、信頼できる押出機が不可欠です。
インフレーション成形機と自由落下式供給装置の業界をリードするPOLYSTARとTSMは、戦略的な提携関係を結んでおります。POLYSTARはTSMの自由落下式供給装置の在庫を十分に確保し、すぐに納品できるようにしています。

POLYSTARのインフレーション成形機「単層高吐出タイプ」は、高品質な機械をお探しのプラスチックフィルムメーカーにとって最適な選択肢です。この機械は、シーメンス、FUJI、シュナイダーエレクトリックなどによる世界クラスのコンポーネントで作られています。独自のスクリューの設計により、材料の劣化を最小限に抑え、高品質のフィルムを製造することができます。

エクアドルのフィルムメーカーは、自由落下式供給装置によってPOLYSTARのインフレーション成形機「単層高吐出タイプ」の生産量を増やし、生産量をより良くコントロールできるようになりました。

すべてのPOLYSTARマシンは、操作とメンテナンスが簡単で、生産者のニーズに合わせて特別に設計されているため、経験のないオペレーターでも簡単に取り扱うことができます。

これらの機械についてもっと知りたい方は、是非当社までご連絡ください。

Renee Castro

POLYSTAR 国際営業担当
国際営業担当として、プラスチック製造業者のお客様に様々なソリューションを提供しています。サーキュラー・エコノミーや最新のリサイクルトレンドといったトピックに関心があります。
Linkedlnはこちらから


    カタログダウンロード / お問い合わせ

    カタログをご希望の方、お問い合わせをご希望の方は、以下のフォームに入力をしていただき、送信ボタンをお願いします。
    自動でカタログと価格表のPDFがダウンロード(無料)できるリンクアドレスをメールにて送信します。
    ※資料のみ希望を選択した場合当社から電話連絡はいたしませんのでご安心ください

    電話でのお問い合わせは、03-5919-4380までお願いします。

    連絡区分(必須)

    タイトルとURLをコピーしました