パッケージの環境対策 食品メーカー

コンビニのポテトチップスやスナック菓子コーナーで思う。

キットカットは、外装袋を紙に変更したが、ポテトチップスなどのスナック菓子は難しいだろうなあ、、、

前回のキットカットの外装袋が紙になった記事

キットカットは外装袋の中に個包装があるので、外装袋を紙にしても個包装のバリア性能が役割を発揮します。

しかし、ポテトチップスなどは個包装がないため、外装を紙にしてしまうと、バリア性が極度に落ちてしまいます。

おそらく賞味期限も大幅に短くなることでしょう。

すると、大量の食品ロスが発生、、、ということになることが目に見えています。

因みに、上記写真のように「プラ」とだけ表記されていて、PPとかPEの素材の表示がないパッケージは大抵複合フィルム(異樹脂を貼り合わせているフィルムパッケージ)です。複合フィルムはリサイクルが簡単ではありません。複合フィルムである理由は、パッケージにバリア性を持たせることが主な目的になります。

紙などでは代替えすることができない性能になります。

やはりプラスチックでないと果たせない役割はあると思われます。

海洋プラスチックのゴミ問題は、パッケージがプラであろうがなかろうが、それを散乱させない、消費者のモラルの問題だと思います。

2021年追記:この記事を書いてから、世の中のムードは脱炭素一色、という雰囲気になっています。しかし、ポテトチップスの袋は相変わらず、ですね。
お菓子メーカーの対応も、目立ったところではキットカットの外装のみ紙にたくらいでしょうか。

やはり機能性を落とすのは難しいですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました