ブログ プラスチックリサイクル

HOME» ブログ プラスチックリサイクル »自治体ごみ袋にまつわる業界の闇とは、、、

ブログ プラスチックリサイクル

自治体ごみ袋にまつわる業界の闇とは、、、

自治体のゴミ袋についての話題で以下のニ

ュースを見つけました。

長崎県佐世保市が市民に無料で配布している家庭用の指定ごみ袋(燃やせるごみ、燃やせないごみ兼用)の購入補助券が、楽天やメルカリなどが運営するインターネット上のフリーマーケットアプリで転売されていることが分かった。市は補助券の譲渡を条例規則で禁止しており、運営側に取引を制限するよう依頼。しかし出品は止まらず、市は頭を抱えている。

ゴミ袋の購入補助券がネットのフリマで販

売されているそうです。なんともコメント

しにくいですが、まあ、こういう輩は出て

くるでしょうね。

自治体のゴミ袋にまつわる闇っていろいろ

あるんですかねえ。

自治体のゴミ袋を納品するために、毎年入

札が行われているそうです。その入札が常

識では考えられないことが起こっているよ

うです。その業界の方が耳打ちして教えて

くれたのは、ごみ袋の自治体入札にはかな

り怪しげな人物が混ざっているとのことで

す。その人物はとんでもなく安い値段でそ

の入札を競り落とすのだそうです。通常の

製造コストからは考えれない安値で落札し

ながら、なぜビジネスが成り立つのでしょ

うか。
では、業界の闇をご説明します。通常は自

治体はごみ袋を普通の値段では売っていま

せん。普通のゴミ袋の値段に、収集運搬の

ごみ収集コストの住民負担分を袋代に加算

して店頭で販売しています。つまり、自治

体のごみ袋は普通のごみ袋よりもかなり高

値で販売されているわけです。
自治体のごみ袋を安値で落札した業者はど

こかで稼がなければなりません。その業者

は、実は自治体の発注分よりも多く生産を

して、自分でストックします。そのストッ

クしたゴミ袋を高値で勝手に許可無く販売

するのです。彼らにとって仕入れは、普通

のゴミ袋のコストで仕入れができていて、

それを通常よりかなり高値で販売できれば

大きな利益になるわけです。

収集運搬コスト(住民負担分)をオンした

値段で販売しても、実際は彼らは回収など

はしませんから、その分はまる儲けという

ことになります。

小さな自治体で横流しをすると、すぐにバ

レるので、そこそこ大きな市町村の自治体

でこの手口が使われるそうです。

頭いいですね、、、そんなに頭使うなら、

もっと人の役にたつ方向で頭を使えば社会

の役に立つでしょうに、、、自分で気付い

て更生することを願っております。

 

【会社概要】

株式会社ファー・イースト・ネットワーク ←ホームページはこちら
平成16年創業。「美しい地球を子供たちに」との願いから
プラスチックリサイクルを通じて社会に貢献してまいります。
会社概要

 

【業務内容】

           
         

 

プラスチックスクラップの買取

再生樹脂ペレットの販売

ラミネートフィルムのリサイクル

リサイクル機械の販売

リサイクル原料を使用した製品の販売

 

 

2020/03/02

ブログ プラスチックリサイクル

 エコ社長のきままなブログ

 教え合い、助け合いの仲間を

再生ペレットをお探し方へ

ラミフィルムリサイクル

廃プラ リサイクル

POLYSTAR総代理店

中古押出機

レーザーフィルター 連続スクリーンチェンジャー

新規にペレット加工を始める方へ

新規にペレット加工を始める方へ

VIDEO

押出機(ルーダー) POLYSTAR

押出機(ルーダー) POLYSTAR

押出機(ルーダー) POLYSTAR


 

HOME

地球環境

GOOD&NEW

中古機

レーザーフィルター 連続式スクリーンチェンジャー

旅ログ

食べ歩き

押出機 設置事例

新付加価値創造実践会

ラグビー

POLYSTAR