リサイクル用押出機

HOME» リサイクル用押出機 »Repro-One 粉砕器一体型押出機

リサイクル用押出機

Repro-One 粉砕器一体型押出機

 

粉砕器一体型押出機 Repro-Oneとは


Repro-One

どんなスクラップにも対応

粉砕機と押出機が一体となっている最新式のプラスチック再生機です。
加工が可能な材料も幅広く、硬質プラスチックから軟質フィルム、成型品などあらゆる形状の樹脂スクラップに対応が可能な万能タイプのプラスチック再生機がRepro-Oneです。
通常であれば、3種類の機械が必要となりますが、Reprp-Oneは全てを一つに統合した一貫生産設備です。

フロー

加工対象スクラップ
フィルムロール、フィルムプレス品、硬質プラスチック、ダンゴ、成型不良品、ランナー、PPヤーン、PP不織布、PP織布、フレコン(破砕処理後)、ほか
 

Repro-Oneの特徴




粉砕機と押出機が一体化したRepro-Oneは以下の特徴を有します。
 

どんなスクラップにも対応

粉砕機で粉砕ができる限り、硬質でも軟質でも様々な形状のスクラップに対応が可能です。幅広い範囲のスクラップをカバーできるのがRepro-Oneです。

 

前処理不要

粉砕機がついているため、スクラップ材料を前処理不要で投入できます。ベルトコンベアに乗る限り、投入口に入る限りの大きさのスクラップを投入できます。

 

省人化

投入は自動制御されたベルトコンベアです。更にペレタイザーはホットカットタイプを採用しており、人手については材料を投入する作業者一名でオペレーションできます。 以前は粉砕の作業者、押出機の作業者が必要でしたが、このRepro-Oneは1名の作業者で省人化が可能です。

Repro-One Repro-One
作業者は一人で省人化 ホットカットで省力化

 

省エネ

プラスチックスクラップは粉砕されるときに熱を持ちます。粉砕工程と押出工程が別々の場合は、この熱は飛んで冷めてしまいます。しかし、Repro-Oneは一体型のため、粉砕されたときの熱を保ったまま押出工程のスクリューに供給されていきます。 エネルギーのロスが少なく省エネが可能となります。

 

省スペース

従来は3種類の機械のスペースが必要だったのですが、このRepro-Oneはすべてを統合しているため、スペースも最小で済みます。

Repro-One
3つの機能をコンパクトに統合

 

製品仕様

モデル Repro-
One85
Repro-
One100
生產量 150-250
Kg/hr
250-350
kg/hr

 

製品概要

モデル Repro-One
最終製品 ペレット
機械構成 コンベア、一軸粉砕機、押出機、ペレタイザー、水冷ユニット、乾燥機、サイロタンク
リサイクル対象材料 HDPE、LDPE、LLDPE、 PP、 BOPP、 CPP、 OPP、 PA、PC、PS、PU、EPS
生產量 150~ 500 kgs/hr
供給 コンベア
スクリュー径 85~120mm (オーダーメイド)
L/D 30/1,32/1,34/1,36/1 (オーダーメイド)
スクリュー素材 SACM-465
脱ガス ワンベントまたはダブルベントによる脱ガス機能。
印刷無しの場合はベント無しでも選択可能。
ペレタイズ方式 ホットカット方式のペレタイズ
冷却 水冷
電圧 要望にお応えします
日本:電圧220Vまたは420V、50または60Hz。
オプション装備 金属探知機、マスターバッチ用定量供給機、乾燥機
納期 カスタマイズ機械の注文の場合の納期は90-150日となります。
保証 機械部分1年 電気系統 6ヶ月
技術サポート アフターサービス・メンテナンスの技術サポートを行っています

 

モーター

モーター標準タイプは信頼性の高いドイツSIEMENS製のモーターを採用しています。
カスタマイズとしては省エネタイプや生産量アップのために大容量のモーターにすることも可能です。
POLYSTAR製押出機の平均消費電力は0.28~0.33kW/kgで、この数値はヨーロッパ製品とほぼ同等です。低い電力コストで生産が可能です。

 

スクリュー

ユニバーサル設計のスクリューはHDPE,LDPE,LLDPE,ABS,PSほかに幅広く対応します。
アルミニウムクロムモリブデン鋼(SACM645)を使用しており、基材料は日本製です。SACM645を窒化処理しています。SACM645を窒化処理させものは耐摩耗性にきわめて優れており、耐食性にも優れます。 SACM645を窒化処理してあるものはすでに強い耐摩耗性を備えているため、メッキ加工はしませんが、オプションでメッキ加工することもできます。
材料の混錬をより強くしたい場合はダルメージを設けることで練りをよくすることもできます。

 

バレル(シリンダー)

バレルアルミニウムクロムモリブデン鋼(SACM645)を使用しており、基材料は日本製です。SACM645を窒化処理しています。
このバレルにガス抜きのためのベントを中央部に、スクリーン(フィルター)をホッパー側に設置します。脱ガス性能をより高くしたい場合は、スクリーンで異物除去を先にしてからベントで脱ガスすることで脱ガス効果が高くなります。(オプション)

 

ベント

ベントはワンベントかツーベントを選択することができます。脱ガス効率を上げる必要がある場合はツーベントをお選びください。更に、真空ポンプで脱ガス効率を上げることも可能です。

ベント 真空ポンプ
ベント 真空ポンプ

 

スクリーン(フィルター)

スクリーン

スクリーンとは、樹脂の中に混入している異物がペレットに混入しないように金属製の網でろ過し、異物を除去する役割をします。
リサイクル材料に混ざっている異物は網に引っ掛かりますが、網の全面に異物が

付着すると樹脂が流れなくなります。
このため、網が詰まる前に網を交換する必要があります。異物が多い場合は網を頻繁に交換しなくてはなりません。網の交換時には樹脂が流れ出てしまい、生産ロスが出ます。
POLYSTARのフィルターは網の面積を最大限にするために円柱状に網を巻く構造となっています。また、2段式のフィルターにより交換時の生産ロスがでないのも大きな特徴です。

デュアルピストンタイプのスクリーンに加えて、スライドタイプも選ぶことが可能です。
 

ダイス

ダイスバレルの中を通り溶融された樹脂は、ダイスの穴から出てきます。
出口では回転刃が回って樹脂をカットし、ペレットとなります。
樹脂に適したダイスを選定することで、生産時のトラブルを減らすことができます。PEとPPではダイスの設計が異なります。
どのような樹脂を主に加工するのか、ご相談いただいて適切なダイスを選定します。
 

ペレタイザー

2つの方式から選べます。

1)ストランドタイプ
ダイスからストランドを出し、水槽で冷却したものをペレタイザーでカットします。ストランドは異物や異樹脂があると切れてしまうため、安定した材料でないとストランドで生産はできません。逆を言えば、ストランドで生産できている再生ペレットはある程度の品質は担保されているとも考えられます。
 

メリット:ストランドカットで生産されたペレットは異物が少なかったり、バラつきが少ないという信頼を得やすい。

デメリット:異物が多い、物性にバラつきがあるスクラップの加工には非効率で不向き。生産ロスも多い。広いスペースを要する。
 

2)ホットカットタイプ
カッターダイスの表面をカッターが回転してカットをしてペレタイズします。多少異物や異樹脂が入っていてもペレット加工することができます。ストランドのように切れた後に人手がかかることもなく、省力化となります。
POLYSTARのホットカットの特徴は、エアシリンダーでカッターの圧力を均一化し、ペレット加工を安定化させトラブルを減らします。また、シリンダー内の樹脂圧を測定して、カッターの回転数を自動制御し、 ペレットのサイズを均質化させるこ とができます。
 

メリット:多少のバラつきがあるスクラップの加工が容易。人手がかからないので省力化になる。スペースも少なくて済む。

デメリット:回転刃のメンテナンスや交換でコストがかかる。

 

ギアボックス

ギアボックス  台湾 でNO1のギアボックスメーカーSUN LUNG GEAR社製のギアボックスを採用しています。

 

 

 

 

ホッパー

ホッパーホッパーはスクリューに粉砕品を供給するために設置されます。粉砕品が落ちていかなくなるブリッジを防止する回転ブレードや、粉砕品を押し込むための押し込み装置もついています。
粉砕品がホッパーにどのくらいあるかを確認するセンサーもついており、ベルトコンベアと連動して供給を自動制御します。
 

ヒーターバンド

ヒーターバンドヒーターバンドはシリンダーを熱するために、円形のシリンダーに巻き付けるタイプのヒーターです。通常、稼働前に約1時間ほど電気で加熱をして、温度を上げてから加工を開始します。
シリンダー(バレル)を6つのゾーンに分けて温度をそれぞれ設定します。樹脂などにより設定温度の条件を変えて生産量や品質をコントロールします。
より多くの熱量を与える場合にはセラミックヒーターを使用する場合もあります。

 

アフターサービス・メンテナンス

 



Repro-Flex | Ripro-Direct | Repro-One | Ripro-Air

 

2019/02/21