ペレタイザーの仕組み【3つの方式を解説】

目次 ペレタイザーとは 1.ストランドカット方式 2.水冷式ホットカット(ウォータリングカット) 3.水中カット(アンダーウォーターカット) 4.最新式ホットカットシステム搭載の押出機4機種

ペレタイザーとは

ペレタイズとは、樹脂をペレット形状にカットしていく工程のことです。 ペレタイザーは、ペレタイズをするための機械装置の呼称になります。 粉砕工程を経たスクラップがルーダーのスクリューの中を混錬されながら通過し、溶融されます。その溶融された樹脂を先端のダイスから押し出すわけですが、その先で回転刃でカッティングをする装置をペレタイザーと呼び、その方法はだいたい3種類に分かれます。 ストランドカットとホットカットの違いも以下にお示しします (上の写真はストランド方式 ストランドがペレタイザーのゴムロールに巻き込まれて入っていくところ) 参考記事:押出機とは 構造について解説
押出機の選び方 スクリューの選び方

1.ストランドカット

最も古くからある代表的なペレタイズの方式です。ダイスから溶けた再生樹脂をスパゲッティのように押し出します。これをストランドと呼びます。 ストランドは以下写真のようにすぐに水槽の水で冷却されます。 ストランド 押出機 水槽から出たら、ペレタイザーと呼ばれる、高速で刃物が回転する機械にストランドが入り、ペレタイザーの回転刃と固定刃でカッティングします。 カッティングする機械のことをペレタイザーと呼びます。
PSH ストランドペレタイザー

ストランド用

異物があるとこのスパゲッティ状のストランドが切れてしまうので、コンタミ(異物)が多い材料はこのストランドカット方式では加工できません。 逆を言えば、ストランド方式でペレタイズされているペレットは異物が少ないとも言えます。(これがストランドカットのペレットが好まれる場合がある理由です) メリット:できたペレットには異物が少ない ユーザーのなかには、このストランドだけを購入するという人もいる デメリット:ストランドを引くのにある程度技術を要する。       作業人数がかかる(異物が少ない場合はその限りでない) 異物が入るとストランドが切れるので、異物が多いスクラップの加工に向かない ポイント☛ 異物がそれほど多くなく、ストランドが切れない場合は手間はそれほどかからない 参考記事: ホットカットとストランドカットの比較記事 サージングの原因と対策についての記事はこちら  混入異物を無人かつ自動的に連続除去するレーザーフィルターはこちら 洗浄ライン プラスチックリサイクル

2.水冷式ホットカット(ウォータリングホットカット)

ダイスから出てきた溶けた再生樹脂をペレタイザー内のダイスでモーターで回転する回転刃がカットしてペレット形状にする方式です。 カットされたペレットはすぐに循環水で運ばれ、脱水機で水分を除きます。
PSF ウォーターリングペレタイザー

ホットカット用

メリット:ストランドタイプより手間がかからない異物があってもペレット加工ができる デメリット:回転刃の調整が難しい(調整のいらないペレタイザーの情報はこちら)       刃のメンテナンスが必要 異物が入っている可能性をユーザーが疑う場合がある(リサイクルの場合)   ☛ポイント異物が多い材料の場合は水冷式ホットカットのほうが手間はかからない 参考記事:ホットカットシステムの最新技術についての記事

3)水中カット(アンダーウォーターカット)

ペレタイザーの中でダイスが熱せられたお湯に接しており、ダイスから出た再生樹脂は水中で回転刃でカットされます。これを水中カットまたはアンダーウォーターカットと言われる。上記の水冷式ホットカットと異なり、空気に触れずに水中でカットされる。

水中カット用

メリット:粘度の低い樹脂でも綺麗にペレタイズできる デメリット:価格が高い(かなり高額) ペレタイザーは樹脂を混錬して、最後の仕上げになります。 ユーザーによっては形状などにも細かく規定がある場合がありますので、ユーザーのニーズや要求基準や条件などの情報をよく整理・理解したうえでペレタイザーを選定する必要があります。 参考記事:押出機 スクリューの構造について

4.最新式ホットカットシステム搭載の押出機

この最新のペレタイズシステムを搭載したPOLYSTARの設備4機種をご紹介します。

ペレタイザー Repro-Flex(フィルム用)

POLYSTAR押出機 フィルム専用 フィルムのリサイクルに最適なペレタイザーです。
>>仕様を見る

ペレタイザー Repro-One 粉砕機一体型

POLYSTAR押出機  粉砕機一体型 ダンゴや不織布、成形品などを前処理なしで粉砕しながらペレット加工できます
>>仕様を見る

ペレタイザー Repro-Direct  万能型

POLYSTAR押出機  万能タイプ どのような樹脂、どのような形状にも適する万能タイプルーダー
>>仕様を見る

ペレタイザー Repro-Air  超小型空冷式

POLYSTAR押出機 超小型 空冷式 インフレ工場において、生産ラインの横で再生加工するのに最適なルーダー
>>仕様を見る REPRO-FLEX Repro-One REPRO-DIRECT ↓上記の機種の動画
↓POLYSTARの各機種の比較一覧表はこちらからご覧になれます。
   押出機の機種の一覧


    資料ダウンロード / お問い合わせ

    資料をご希望の方、お問い合わせをご希望の方は、以下のフォームに入力をしていただき、送信ボタンをお願いします。
    自動でリサイクルビジネスのノウハウについての資料や計算エクセルシートをダウンロード(無料)できるリンクアドレスをメールにて送信します。
    ※資料のみ希望を選択した場合当社から電話連絡はいたしませんのでご安心ください

    お問い合わせの方はフォームにご入力をいただき、メッセージ欄に不明点、疑問点、ご要望を自由にご記入ください。

    電話でのお問い合わせは、03-5919-4380までお願いします。

    コメント

    タイトルとURLをコピーしました